本文へジャンプ
医学講演会情報

月次医学会・講演会 一覧

[月次医学会・講演会]11月次医学会「災害医療と抗凝固療法〜現場が抱える問題点〜」

日時
2018年11月12日(月) 午後7時30分より
会場
「うおとめ」福井県越前市吾妻町1-45 TEL0778-22-0151 周辺地図
講師
福井大学医学部 地域医療推進講座
          講師 山村 修 先生
対象者
会員以外の医師の方でも参加できます。
参加費:有料(研修医は無料)
参加申し込み・お問い合わせ先は、武生医師会事務局(0778-24-1400)まで

講演概要

 数多くの大災害を経験した我が国では、災害直接死とともに災害関連疾患への注目が高まっています。災害関連疾患は発災後の劣悪な生活環境や治療薬の中断、ストレスなどを背景に発症すると考えられています。なかでも脳血管障害、冠動脈疾患、静脈血栓塞栓症(VTE)は災害関連疾患を代表する疾患です。新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震などの被災地調査により、これらの血管疾患の多くは発災1か月以内に多発し、かつ2週間以内にピークを迎えることが分かってきました。近年の災害医療支援では、災害派遣医療チーム(DMAT)など災害専門医療チームとともに日本医師会災害医療チーム(JMAT)も重要な戦力にとなっています。被災地で様々なチーム医療が展開される中で、発災早期に災害関連疾患を抑え込むにはどのような方法があるのでしょうか。
 福井大学医学部地域医療推進講座では災害時におけるVTE、特に深部静脈血栓症(DVT)に着目して、その背景因子や時間経過による変化について調査研究を進めてきました。本講では現時点で指摘しうる危険因子を紹介するとともに、被災地が抱える問題点を指摘し、解決策を探ります。

参加申し込み・お問い合わせ先:武生医師会事務局 0778-24-1400 まで

一般社団法人 武生医師会

〒915-0814
福井県越前市中央1丁目9-9
TEL:0778-24-1400
mailお問い合わせ

ページトップへ戻る